1. 哲学
  2. 初心忘るべからず。

初心忘るべからず。

室町時代の能楽者 世阿弥 『花伝書(風姿花伝)』

能の大成者世阿弥の言葉である。芸道の修業は、幼いころより老年にいたるまで生涯にわたって続く。どんな仕事も人生も、初心忘るべからず。時とともに慣れて、飽きて、緩んで、惰性に流される時、その事を志したころの若々しい心を思い返し、緩みがちな心を引き締め、心を新たにする。職務が重くなり、専門化が進み、組織が複雑化したがゆえに袋小路に迷う時、初心を思い出してみよう。そもそも「自分は何をしたかったのか」、初心の志を思い出すことで、自分が向かうべき将来の方向性をあらためて確かめてみよう。

もういちど読む山川哲学 ことばと用語、28ページ、2015年、山川出版社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事