1. 哲学
  2. 人事を尽くして天命をまつ。

人事を尽くして天命をまつ。

中国の儒教の教えの言葉

困難な状況に直面した時、今、自分にできることはやり尽くし、その結果については、天があたえた運命として受け止める覚悟をもつ。ただ何もせず手をこまねいて諦めるよりは、自分にできることはやり尽くす、できないことはできないと割り切る、その上でその後の状況の推移を見守る。未来をあれこれ思いわずらっているより、今、自分にできることに専念する。たとえ、八方ふさがりのどん底であったとしても、時を待って耐えているうちに、まわりの状況が変化し、いつか新しい道が開けてくる。思わぬ時にチャンスが訪れ、思わぬ人から救いの手がさしのべられることもある。ある企業の開発者は言った、「私は失敗しない、成功するまでやり続けるから」。努力する時間、耐え続ける時間は、その先に新しい未来の展開を呼び寄せる。諦めたらそこで終わりである。ロスタイムが残されているうちは、Never give up

もういちど読む山川哲学 ことばと用語、36ページ、2015年、山川出版社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事