1. 琉球漂流民殺害事件(りゅうきゅうひょうりゅうみんさつがいじけん)

琉球漂流民殺害事件(りゅうきゅうひょうりゅうみんさつがいじけん)

明治初年,琉球の漂流民が台湾で殺害された事件。宮古島から首里王府への貢納船が,その帰途1871年11月(明治4年10月)嵐のため遭難し,66人が台湾東南岸に漂着,うち54人が現地住民に殺害された。琉球を属領とする日本政府は清国と交渉したが,清国政府は台湾を「化外(けがい)の地」としたので,74年これを理由に台湾出兵を行った。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう