1. 竹中重治(たけなかしげはる)

竹中重治(たけなかしげはる)

生没 1544~79.6.13 織豊期の武将。通称半兵衛。豊臣秀吉の軍師として有名。美濃国出身で1564年(永禄7)斎藤竜興(たつおき)の稲葉山城(現,岐阜市)を一時占拠,67年織田信長の美濃進出以後これに仕えた。70年(元亀元)はじめて秀吉に属し,77年(天正5)以後は中国経略に従事,播磨国三木城包囲の陣中で病死。78年信長が黒田孝高(よしたか)(官兵衛)の離反を疑い,その子の殺害を命じたとき,これをひそかにかくまった逸話がある。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう