1. 哲学
  2. 過去に従ってはならない。未来を願い求めてもならない。過去はすでに捨てられている。未来はまだ至らない。そこで、現在のことがらを、よく観察し、動ずることなく、揺らぐことなく、そのことを知って学ぶべきである。

過去に従ってはならない。未来を願い求めてもならない。過去はすでに捨てられている。未来はまだ至らない。そこで、現在のことがらを、よく観察し、動ずることなく、揺らぐことなく、そのことを知って学ぶべきである。

ブッダ

過去をいつまで後悔しても、何も始まらない。未来はどうにかなるだろうと、他人まかせの安易さにおちいってもいけない。過去はすでに過ぎ去ったものであり、未来はまだ至っていない。我われにできるのは、現在を生きることである。過去を作り変えることも、未来を予知することもできないが、今、おのれのなすべきことに心を集中させ、専念し、納得のいく今日の仕事を成し遂げること、それが人間にできる業である。その今の努力の積み重ねが、納得のゆく過去を築き、よい未来を呼び寄せる。そのように今を過去・未来とつなげて考えてみると、質の高い今を生きることが、それに連なる人生の時間全体を熟成させて、みずからの人生を完成させることになる。だから、まずは今日を誠実に生きよ、である。『一夜賢者経』と呼ばれる、ブッダの教えである。

もういちど読む山川哲学 ことばと用語、30ページ、2015年、山川出版社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事