1. 気持ちから探す
  2. ロマンを感じたいとき
  3. インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史 Vol.03「社会の発達」

インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史 Vol.03「社会の発達」

さまざまなシーンで社会問題となっている「格差」を、私たちはどう克服するか? 歴史を振り返り、その成り立ちを理解した上で、難しいテーマを考えてみてはいかがでしょうか?
背景には、農業の技術革新にともなう社会の発達があります。

インフォグラフィック

社会の発達社会の発達社会の発達社会の発達社会の発達社会の発達

社会の発達:新 もういちど読む 山川世界史より

初期の農耕は,自然の雨にたよるだけで,肥料をほどこさない略奪農法であったから,人びとはひんぱんに移動する必要があり,集落も小規模であった。しかし大河を利用する灌漑農法に進むにつれて,生産は増加し人口も増大した。また大河の治水・灌漑には多数の人びとの協力が必要なため,集落の規模は大きくなり,やがて都市が形成されていった。

こうした過程とともに社会はしだいに複雑になった。もともと集落は,同じ血縁であるという意識で結ばれた氏族を単位としていたが,生産がふえ,分業が進むと,その内部に貧富や強弱の差がうまれた。

この変化は,金属器の使用の開始によってさらにうながされた。前3500年ころ以後,オリエント(「東方」の意,現在の西アジア)で青銅器がつくられ,道具や武器などに使用されはじめた。そして神殿を中心に,城壁をめぐらした都市国家が成立した。生産にたずさわらない神官や戦士は貴族階級となり,そのなかから王がでて一般の平民を支配し,征服された人びとは奴隷とされて階級と国家がうまれた。また都市国家では,神殿や王への貢納や交易の記録に用いた記号から文字が発達した。このような文明の進歩は,前1500年ころはじまった鉄器の使用により,ますます急速に進むのである。

関連記事:インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史

出典

world-shoei.jpg文章はシリーズ累計130万部の『新 もういちど読む 山川世界史』から抜粋。 インフォグラフィックにまとめています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事