1. テーマから探す
  2. 生き方(ヒューマンドラマ)
  3. 4コマで上杉謙信〜すぐわかる戦国武将シリーズ〜

4コマで上杉謙信〜すぐわかる戦国武将シリーズ〜

大将自ら敵陣に突撃し武田信玄に斬りかかる―嘘か真か、勇敢な一騎打ちのエピソードを持つ「越後の龍」。上杉謙信の生涯を4コマで振り返ります。

4コマで上杉謙信

4コマで上杉謙信 4コマで上杉謙信 4コマで上杉謙信 4コマで上杉謙信参考文献:国史大辞典 第2巻(う〜お)

関連用語

上杉謙信(うえすぎけんしん)

生没 1530.1.21~78.3.13 戦国期の越後国の武将。長尾為景の子。初名景虎,ついで上杉政虎・同輝虎,入道して謙信。武田・後北条両氏などと戦い,戦国武将を代表する1人だが,その勢力圏はほぼ越後一国にとどまった。1548年(天文17)家督となり,50年守護上杉定実の死去により名実ともに越後国主となる。武田信玄の信濃北部への進出に対抗。53年信濃に出動し,以後しばしば武田勢力と戦った(川中島の戦)。北条氏康に関東を追われた関東管領上杉憲政を保護。60年(永禄3)から翌年にかけて憲政を擁して関東に進出,氏康の本拠相模国小田原城(現,神奈川県小田原市)を攻めたが,攻略できなかった。このとき憲政から上杉姓と関東管領職を継承,以後ほぼ毎年関東に出動したが,成果を残せなかった。武田・後北条両氏の敵対により,69年後北条氏と同盟したが,短期間で破れた。北陸方面では73年(天正元)越中を制圧,さらに能登・加賀に進攻,織田信長軍と戦った。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:上杉謙信(うえすぎけんしん)

春日山城(かすがやまじょう)

新潟県上越市にあった山城。戦国大名上杉謙信の本拠として知られる。起源は南北朝期ともいうが不詳。1513年(永正10)の越後国守護上杉定実と守護代長尾為景の抗争時にはじめてみえる。当初,越後府中の要害として守護代長尾氏の管轄下にあったが,守護代権限の上昇にともない政治的機能が備えられた。上杉謙信・同景勝・堀秀治の時代を通じて拡張・整備され,98年(慶長3)監物堀の外郭線も普請された。1607年(慶長12)堀忠俊が直江津の福島城に移り廃城。実城(みじょう)を中心とした堀切や土塁が普請される要害と,根小屋などの空間からなり,近隣には支砦もある。城跡は国史跡。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:春日山城(かすがやまじょう)

武田信玄(たけだしんげん)

生没 1521~73.4.12 戦国期の武将。実名晴信(はるのぶ)。甲斐・信濃を中心に勢力圏を築いた。1541年(天文10)父信虎を追放して家督をつぐ。42年諏訪頼重を滅ぼし,53年村上義清を追い,55年(弘治元)木曾義昌を従えて信濃を制圧。前後に越後の上杉謙信としばしば交戦(川中島の戦),1554年には駿河国今川氏・相模国後北条氏と同盟を結んだ(善徳寺の会盟)。65年(永禄8)長子義信がそむいたが,四子勝頼を嫡子にたて,67年義信を切腹させた。68年同盟を破って駿河に進攻,今川氏真(うじざね)を没落させ,後北条氏と戦った。後北条氏とは71年(元亀2)同盟を復活。その後遠江・三河に進攻,72年徳川家康・織田信長軍を破るが(三方原の戦),まもなく死没。内政面では村落掌握を進め,御家人衆・軍役衆を設定。さらに信玄堤で有名な治水事業,甲州金で知られる金山開発を行い,富国強兵に努めた。1547年には「甲州法度之次第」を制定。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:武田信玄(たけだしんげん)

上杉憲政(うえすぎのりまさ)

生没 ?~1579.3.17 戦国期の武将。憲房の子。関東の名門山内上杉氏の最後の関東管領。1531年(享禄4)管領となる。関東制覇をめざす北条氏と戦ったが,46年(天文15)河越城の戦の敗北などでしだいに圧迫され,52年長尾景虎を頼って越後に落ちた。景虎に上杉の名字と管領の職を譲り,景虎は上杉政虎(のち謙信)となった。78年(天正6)謙信の死後,上杉景虎・景勝が家督を争い戦うが,憲政の居館の御館(おたて)は景虎方の拠点となり,憲政自身もここに拠った。翌年御館は陥落し,憲政は景勝方の兵に殺害された(御館の乱)。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:上杉憲政(うえすぎのりまさ)

北条氏康(ほうじょううじやす)

生没 1515~71.10.3 戦国期の武将。相模国小田原城(現,神奈川県小田原市)城主。戦国大名後北条氏3代。後北条氏は氏康の代に戦国大名として確立。1541年(天文10)家督をつぐ。46年河越城の戦の勝利などによって上杉氏を圧倒,関東における後北条氏の優位を不動にした。54年今川・武田両氏と三者同盟を結ぶ(善徳寺の会盟)。内政面では租税制度・貨幣制度・伝馬制度などを整備。永禄初年家督を子氏政に譲り後見となるが,同時に支城制度を固め,氏政の弟らを領国の各所に配置。61年(永禄4)上杉謙信に小田原城を攻められたが,武田信玄が南進に転じたため,69年には謙信と結んだ(越相同盟)。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:北条氏康(ほうじょううじやす)

関東管領(かんとうかんれい)

当初は関東執事とも。室町幕府が鎌倉公方を補佐するために任じた職。1336年(建武3・延元元)足利尊氏は斯波(しば)家長を,関東統治のために鎌倉にとどめた嫡子義詮(よしあきら)の補佐役とした。翌年末に北畠顕家軍との戦で家長が敗死すると,尊氏は高師冬(こうのもろふゆ)と上杉憲顕の2人を後任として派遣。49年(貞和5・正平4)尊氏は義詮にかわり義詮の弟基氏を鎌倉公方(くぼう)として関東に下し,一時高重茂(こうのしげもち)と師冬が交代したが,補佐役の二員制は51年(観応2・正平6)まで続いた。これは尊氏と弟直義による二頭政治の反映である。観応の擾乱後,尊氏は尊氏派の畠山国清を基氏の補佐役に任じたが,国清没落後の63年(貞治2・正平18)基氏は隠遁していた旧直義派の憲顕を再び関東管領に迎えた。憲顕の就任によって管領の職名が確立し,以来山内(やまのうち)・犬懸(いぬかけ)両上杉氏が世襲。上杉(犬懸)禅秀の乱以後は山内上杉氏が独占。任命権は幕府が保持し,関東の政務を統轄して分国のほか武蔵国守護職を兼任するなど鎌倉府内で大きな実力をもち,しだいに鎌倉公方と対立。永享の乱では幕府側について公方足利持氏を自害させ,その後も持氏の子成氏(しげうじ)と抗争を続けたが,上杉氏内部の対立抗争や後北条氏の台頭で勢力を失った。越後にのがれた上杉憲政は1561年(永禄4)管領職を長尾景虎(上杉謙信)に譲るが,78年(天正6)謙信の死で同職は消滅。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:関東管領(かんとうかんれい)

織田信長(おだのぶなが)

生没 1534.5.12/28~82.6.2 戦国期~織豊期の武将。父は信秀。幼名吉法師。1546年(天文15)元服。信秀没後,本家の清須(洲)(きよす)・岩倉両織田家を滅ぼし尾張を統一。60年(永禄3)桶狭間(おけはざま)の戦で今川義元を破り,67年美濃斎藤氏を降して岐阜に居城を移す。この頃から天下統一を意識して「天下布武」の印章を用いた。翌年,足利義昭とともに上洛し,義昭を将軍に擁立したが,その政治行動を牽制,ほどなく両者は不和となった。義昭に呼応する近江浅井・越前朝倉両氏をはじめ,比叡山延暦寺僧徒,甲斐武田氏,一向一揆などの包囲をうけて苦戦したが,73年(天正元)義昭を京都から追放して室町幕府を滅ぼした。75年長篠の戦で武田勝頼に大勝し,同年越前の一向一揆を鎮圧。翌年近江に安土城(現,滋賀県近江八幡市安土町)を築いて移った。80年石山本願寺を攻め降し,畿内を平定。82年春甲斐に遠征して武田氏を滅ぼし,つづいて中国・四国制圧を期して上洛中,本能寺で明智光秀の謀反にあい自害した(本能寺の変)。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)
●出典
用語:織田信長(おだのぶなが)

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう