1. テーマから探す
  2. 戦(権力、出世、生きるために)
  3. 4コマでマンハッタン計画と原爆投下

4コマでマンハッタン計画と原爆投下

マンハッタン計画とは、アメリカによる原子爆弾製造計画のこと。74年前に起こった人類の悲劇は、どのような経緯で起こってしまったのか? 二度と起こさないためにはどうすればよいのか? 私たちひとりひとりが考えるベースとして、事実関係を知っておきましょう。

4コマでマンハッタン計画と原爆投下

4コマでマンハッタン計画と原爆投下 4コマでマンハッタン計画と原爆投下 4コマでマンハッタン計画と原爆投下 4コマでマンハッタン計画と原爆投下

関連用語

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく)

Manhattan Project アメリカによる第二次世界大戦中の原子爆弾製造計画の通称。ドイツの核爆弾先行開発を恐れたアメリカは,1939年より核爆弾製造を本格的に検討,42年に陸軍工兵隊(マンハッタン工兵管区)に原爆生産を移管し,軍,政府,科学者,産業界が開発を行った。45年7月に最初の原爆実験が成功。翌8月,広島,長崎で原爆が実戦使用された。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

●出典
用語集:マンハッタン計画(マンハッタンけいかく)

原子爆弾(げんしばくだん)

原子核の分裂により放出されるエネルギーを利用した核兵器。原爆と略称。ウラン235(広島型)やプルトニウム239(長崎型)がおもに使われる。第2次大戦中アメリカは,ヨーロッパから逃れてきたユダヤ人科学者などの協力を得て原爆開発を推進し(マンハッタン計画),1945年(昭和20)7月16日ニューメキシコ州で世界初の原爆実験に成功。同年8月6日広島,同月9日長崎に原爆を投下した。原爆は放射能汚染をともない,現在でも原爆症で苦しむ人々がいる。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

●出典
用語集:原子爆弾(げんしばくだん)

原爆投下(げんばくとうか)

アメリカが日本の抗戦意志を最終的に挫折させるためにとった作戦。1945年(昭和20)8月6日午前8時15分広島に,同月9日午前11時2分長崎に原子爆弾を投下した。本土決戦の準備を進めながらポツダム宣言を黙殺した日本に対して,アメリカは予想される本土上陸作戦での米軍の犠牲を少なくし,ソ連参戦前にアメリカの立場を強固にするため,警告なしに原爆を用いることを決定。1942年からマンハッタン計画として推進され,45年7月16日にニューメキシコ州で実験に成功したばかりの原爆2個がテニアンのB29基地に輸送され,同基地から出撃した。45年末までに広島で約14万人,長崎で約7万人が熱線・放射線障害で死亡した。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

●出典
用語集:原爆投下(げんばくとうか)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事