1. テーマから探す
  2. 国際(世界と日本)
  3. 4コマで「北方領土問題」

4コマで「北方領土問題」

2019年こそ進展あるか!? 日本とロシアの長年の懸案、北方領土問題のポイントを振り返ります。
解説は『山川 日本史小辞典 改訂新版 』(2016年、山川出版社)より。

4コマで「北方領土問題」

領土を主張する両者には、こんな根拠があります。

hoppou3b.png hoppou3b.png hoppou3b.png hoppou3b.png

北方領土問題

歯舞群島・色丹・国後・択捉島の千島4島帰属をめぐる日本・ロシア連邦間の領土問題。日露通好条約にもとづいて4島の返還を主張する日本政府と,ヤルタ秘密協定を根拠に領有を正当化するロシア連邦政府とが対立している。またサンフランシスコ講和会議において日本が放棄した千島列島に北方4島が含まれるか否かについても見解がわかれている。1956年(昭和31)の日ソ共同宣言では平和条約締結後に歯舞・色丹の引渡しが同意されたが実現していない。

山川 日本史小辞典(改訂新版)、905ページ、2016年、山川出版社

日露通好条約

日露和親条約・下田条約とも。日本が米・英に続いてロシアと結んだ和親条約。1855年2月7日(安政元年12月21日)ロシア使節プチャーチンと下田で調印。日米和親条約と大きな違いはなく片務的最恵国条款も同様にあるが,双務的な領事裁判権を規定した点に特徴がある。また択捉島とウルップ島の間を国境とし,樺太は国境をわけず従来どおりと規定した。

山川 日本史小辞典(改訂新版)、752ページ、2016年、山川出版社

ヤルタ秘密協定

1945年(昭和20)2月11日ヤルタ会談のなかで,米・英・ソ3国間に結ばれた秘密協定。ソ連の対日参戦とその条件,第2次大戦後の東アジアに関する合意をその内容とする。ドイツ降伏後の2〜3カ月以内に対日戦にソ連が参加する条件として,外モンゴルの現状維持,日露戦争で失われた権益の回復(南樺太の返還,大連港の国際化と優先的使用権,旅順口租借権,満鉄の中ソ合弁会社による共同運営),千島列島の引渡しなどが定められ,さらに中ソ友好同盟条約の締結が約された。この協定はのち対日講和,日ソ国交回復,北方領土問題と関連して戦後日本の重大な政治問題となった。

山川 日本史小辞典(改訂新版)、994ページ、2016年、山川出版社

日ソ共同宣言

1956年(昭和31)10月19日調印の国交回復に関する「日本国とソビエト社会主義共和国連邦との共同宣言」。全9条。戦争状態の終結,日本の国連加盟支持,通商貿易関係の再開,日ソ漁業条約の発効などが定められ,さらに平和条約締結後,歯舞・色丹の2島の日本への引渡しが合意された。サンフランシスコ講和条約に調印しなかったソ連との国交正常化交渉が,北方領土問題の介在にもかかわらず共同宣言にまでこぎつけたのは,米ソの「平和共存」時代を背景に,ソ連の「平和攻勢」外交と,軽武装・対米協調の吉田(茂)路線に対抗し自主外交路線をとる鳩山内閣の対ソ外交との間に一致点を見出せたからである。鳩山一郎首相が訪ソ,モスクワで調印された。

山川 日本史小辞典(改訂新版)、756ページ、2016年、山川出版社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事