1. テーマから探す
  2. 生き方(ヒューマンドラマ)
  3. 4コマで「北里柴三郎」〜新紙幣デザイン発表記念 vol.03〜

4コマで「北里柴三郎」〜新紙幣デザイン発表記念 vol.03〜

明治にドイツで細菌学を学び、日本の近代医学を進展させた北里柴三郎。1000円札の新しい「顔」は、強い信念を持つ人物でした。

4コマで北里柴三郎

4コマで北里柴三郎 4コマで北里柴三郎 4コマで北里柴三郎 4コマで北里柴三郎

関連記事

北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)

生没 1852.12.20~1931.6.13 明治~昭和前期の細菌学者。肥後国生れ。20歳のとき熊本医学校に入学してマンスフェルトに学び,1874年(明治7)東京医学校に入学。卒業後,国民の疾病を治療し予防する行政医の道に進むため,内務省衛生局に入った。のちドイツに留学し,86年からロベルト・コッホに師事し細菌学を学び,コッホ四天王の1人といわれた。帰国後,福沢諭吉らによって設立された伝染病研究所の所長となり,同所を辞任したのち,1914年(大正3)北里研究所を創設し所長になった。滞独中に破傷風菌の純粋培養とその毒素の研究,ジフテリアと破傷風の血清療法の創始などの功績をあげた。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

コッホ

Robert Koch 1843~1910 ドイツの医学者,細菌学者。1876年脾脱疽(ひだっそ)菌,82年結核菌,83年コレラ菌など多くの細菌を発見し,細菌学の新領域を開拓した。1905年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

福沢諭吉(ふくざわゆきち)

生没 1834.12.12~1901.2.3 幕末~明治期の啓蒙思想家・教育者。豊前国中津藩の大坂蔵屋敷で生まれ,幼時に中津に帰る。長崎遊学,大坂の適々斎塾に学び,1858年(安政5)江戸築地鉄砲洲の中津藩中屋敷内で蘭学塾を開く。60年幕府使節に随行し渡米。翌年から1年間ヨーロッパを歴訪。64年(元治元)幕臣・外国奉行翻訳方となる。66年(慶応2)「西洋事情」刊行。68年(慶応4=明治元)塾を慶応義塾と改称。「学問のすゝめ」以降,啓蒙書をあいついで刊行,明六社でも活躍。74年から三田演説会を開き,都市の民権運動を主導。82年「時事新報」を創刊し,皇室論・女性論・アジア政略論を展開した。「福沢諭吉全集」全21巻・別巻1。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

伝染病研究所(でんせんびょうけんきゅうしょ)

伝染病の原因・予防・治療方法を研究する研究所。1892年(明治25)東京市芝公園の福沢諭吉私有地に設けられた大日本私立衛生会付属伝染病研究所に始まる。のちに同会は研究所を政府に寄付して内務大臣所管となった。1914年(大正3)文部省所管に移り,翌々年東京帝国大学付属伝染病研究所となり,67年(昭和42)医学の基礎的研究を加えて東京大学医科学研究所と改称された。伝染病研究施設は,ほかに北里研究所や大阪大学微生物病研究所がある。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

北里研究所(きたさとけんきゅうしょ)

私立伝染病研究機関。北里柴三郎は東京芝の伝染病研究所の所長であったが,1914年(大正3)に同研究所が文部省に移管されて東京帝国大学付属になると,実務的な衛生業務を主張する北里と所員は総辞職し,北里研究所を開いた。研究部門では設立後50年間で300余人の学位取得者を出し,診療部門では結核病棟を開き,製造部門では各種ワクチン・血清の製造販売を行う。62年(昭和37)に北里大学が開設された。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう