1. テーマから探す
  2. 4コマで上杉景勝〜すぐわかる戦国武将シリーズ〜

4コマで上杉景勝〜すぐわかる戦国武将シリーズ〜

戦国武将を代表する上杉謙信を叔父にもち、越後国を継承した上杉景勝。秀吉に仕え、のちに五大老の一人にまで出世した彼の人生を4コマで振り返ります。

4コマで上杉景勝

2.png3.png4.png5.png

関連用語

上杉景勝

生没 1555.11.27~1623.3.20 織豊期~江戸初期の武将・大名。初名顕景。越後国春日山城(現,新潟県上越市)城主,出羽国米沢藩主。
…続きを読む

上杉謙信

生没 1530.1.21~78.3.13 戦国期の越後国の武将。長尾為景の子。初名景虎,ついで上杉政虎・同輝虎,入道して謙信。
…続きを読む

上杉景虎

1553?~79.3.24. 戦国期の武将。北条氏政の弟。初名氏秀。はじめ武田氏に入ったが,永禄末年甲相同盟の解消により後北条氏に戻る。
…続きを読む

御館の乱

上杉謙信の死後,家督をめぐって養子の景虎(北条氏康の子)と景勝(謙信の姉婿である魚沼郡上田の長尾政景の子)の間におきた越後国の内乱。
…続きを読む

豊臣秀吉:日本史小辞典

生没 1537.2.6~98.8.18 織豊期の天下を統一した武将。尾張国愛智郡中村生れ。百姓弥右衛門の子。母はなか(天瑞院)。尾張を出,松下之綱に仕えた後,織田信長に仕える。
…続きを読む

豊臣秀吉:世界史小辞典

1537~98 日本の安土桃山時代の武将。尾張国中村の人。織田信長に仕え,頭角を現す。本能寺の変に接し,明智光秀を討ち,続いて柴田勝家を破って信長の後継者となる。
…続きを読む

五大老

豊臣政権末期の職制で,五奉行の上位。徳川家康・前田利家(のち同利長)・宇喜多秀家・上杉景勝・毛利輝元の5人の有力大名をいう。
…続きを読む

徳川家康

生没 1542.12.26~1616.4.17 江戸幕府初代将軍(在職1603.2.12~05.4.16)。三河国岡崎城主松平広忠の長男。母は同刈谷城主水野忠政の女(於大(おだい)の方)。
…続きを読む

会津攻め

1600年(慶長5)8月,徳川家康による陸奥国会津若松城主上杉景勝の討伐戦。1598年1月,蒲生(がもう)秀行の宇都宮転封をうけ若松城に入封した景勝は,99年8月以降,神指(こうざし)城の築造や道橋普請など領国整備を進めた。
…続きを読む

関ケ原の戰

1600年(慶長5)9月15日,美濃国関ケ原(現,岐阜県関ケ原町)でおきた豊臣政権の主導権を争う戦。秀吉没後の豊臣政権は,五大老・五奉行による政務代行体制をとったが,しだいに五大老筆頭の徳川家康が政務を掌握した。
…続きを読む

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事